ChatGPTと連携したい

ChatGPTと連携するためには、OpenAIまたはAzure OpenAI Serviceのユーザー登録を行う必要があります。
※本機能の利用には、Open AI社、またはMicrosoft社のAzureと連携していただく必要があります。

ChatGPTと連携するには、特権管理者で設定をする必要があります。
すでに特権管理者の設定が完了している場合はこちらの手順から確認してください。

特権管理者で行う設定

  1. 右上の「設定」→「設定」をクリックします。
  2. 「外部学習モデルの利用(LLM)」という項目の中にあるChatGPT(OpenAIまたはAzure)のトグルをONにします。
  3. ChatGPT(OpenAIまたはAzure)の公式利用規約のリンクと承諾事項が表示されますので、内容を確認し「承諾する」にチェックを入れOKをクリックします。
  4. 利用したいモデル名を選択し、設定値を入力します。
    チャットボットごとに設定値を登録する場合は、ここで入力しなくても使用可能です。
    ・APIキー登録: OpenAI公式サイト または Azure公式サイト から取得したキーを入力する。
    ・エンドポイント(※Azureのみ):連携したいAPIにアクセスするための接続先を入力する。 
    ・デプロイ名(※Azureのみ):モデルを呼び出すための名前を入力する。
    ・モデル名 :利用したいGPTモデルを選択する。

    <OpenAI設定画面>

    <Azure設定画面>

    なお、「デプロイ名・モデル名の利用確認テスト」ボタンをクリックすると、利用できる設定値であるか(Azure側の設定値と一致しているか)を確認できます。
    ※「デプロイ名・モデル名の利用確認テスト」ボタンはAzureの設定画面のみ表示されます。

  5. 画面下部の「登録」をクリックして完了です。

各チャットボットで行う設定

  1. 設定したいチャットボットを選択し、「設定」→「基本設定」をクリックします。
  2. 少し下の方に「外部学習モデルの利用(LLM)」という項目がありますので、ChatGPT(OpenAIまたはAzure)のトグルをONにします。
  3. ChatGPT(OpenAIまたはAzure)公式利用規約のリンクと承諾事項が表示されますので、内容を確認し「承諾する」にチェックを入れOKをクリックします。
  4. 上記「特権管理者で行う設定」で入力した設定値(モデル名やAPIキー)を利用する場合は「共通」、チャットボットによって設定を変えたい場合は「個別」を選択します。
    ※「特権管理者で行う設定」で設定値を入力していない場合は、画像の項目は表示されません。

  5. 4で「個別」を選択した場合、または上記「特権管理者で行う設定」で設定値を入力していない場合にこちらの設定を行ってください。
    ・APIキー登録: OpenAI公式サイト  または Azure公式サイト から取得したキーを入力する。
    ・エンドポイント(※Azureのみ):連携したいAPIにアクセスするための接続先を入力する。 
    ・デプロイ名(※Azureのみ):モデルを呼び出すための名前を入力する。
    ・モデル名 :利用したいGPTモデルを選択する。

    <OpenAI設定画面>

    <Azure設定画面>

    なお、「デプロイ名・モデル名の利用確認テスト」ボタンをクリックすると、利用できる設定値であるか(Azure側の設定値と一致しているか)を確認できます。
    ※「デプロイ名・モデル名の利用確認テスト」ボタンはAzureの設定画面のみ表示されます。

  6. 設定したい項目の「有効」をクリックします。
  7. 画面下部の「更新」をクリックして完了です。

各項目については、詳細ページから確認してください。

学習回答要約QA自動生成

TOP
picture
minimize